「うつけ」「鬼」「魔王」など、その呼ばれる名前に事欠かない織田信長様ではあるが、戦国武将として有名なだけではなく、様々な改革な制度を実施した人物としても日本国には無くてはならない人物でした。一人でも多くの人に織田信長様を学んでいただきたいものである。


薬用凌駕(薬用リョウガ、アランテ2)【へるぴぃ〜healthy&peace〜】

織田信長 ミニ年表

1534年(天文3年)
尾張に生まれる。

1542年(天文11年)
8歳にして那古野城主になる。

1546年(天文15年)
元服。

1547年(天文16年)
今川領三河の吉良大浜にて、初陣。

1548年(天文17年)
斎藤道三の娘、濃姫と結婚。

1551年(天文20年)
父:信秀の急死により、家督を相続。

1555年(弘治元年)
清洲城に本拠を移す。

1557年(弘治3年)
弟:信行の謀反が発覚し、信行を殺害。

1559年(永禄2年)
上洛。将軍:足利義輝に謁見。同時に尾張国守護の官位を要請。

尾張全土を平定。

1560年(永禄3年)
桶狭間の戦い。今川義元を討ち取る。

1562年(永禄5年)
徳川家康と清洲同盟を結ぶ。

1563年(永禄6年)
小牧山城に本拠を移す。

1567年(永禄10年)
美濃の斎藤龍興を滅ぼし、美濃を平定。

城下町:井ノ口を岐阜と改名し、稲葉山城に本拠を移す。

1568年(永禄11年)
足利義昭を擁し上洛。足利義昭、第15代室町幕府将軍となる。

副将軍職の要請を辞退。

1569年(永禄12年)
宣教師:ルイス・フロストにキリスト教の布教許可を与える。

1570年(元亀元年)
五ヵ条の条書を足利義昭に送付。実権を奪う。

姉川の合戦。朝倉・浅井連合軍を打ち破る。

1571年(元亀2年)
長島一向一揆で惨敗。

比叡山焼き討ち。延暦寺を朝倉・浅井に加担した罪で攻撃。

1572年(元亀3年)
足利義昭があまりに目に余る為、十七条の異見書を出す。

武田信玄に三方ヶ原にて、織田・徳川連合軍は敗れる。


1573年(天正元年)
信長討伐の反乱を起こした足利義昭を京から追放し、室町幕府滅亡。

朝倉・浅井両家を滅ぼす。


1574年(天正2年)
東大寺の蘭奢待(らんじゃたい)を贈られる。

2万人の伊勢一向宗徒を焼き殺す。

1575年(天正3年)
長篠の合戦。武田勝頼を打ち破る。

尾張、美濃を信忠に与え、家督を譲る。

1576年(天正4年)
安土城の築城を開始。本拠を移す。

大阪本願寺攻めに失敗。

木津川の戦い(1回目)。毛利水軍に大敗。

1577年(天正5年)
楽市楽座が安土城下で実施される。

手取川の合戦。上杉謙信に大惨敗。

毛利攻略を開始。

右大臣に就任。

1578年(天正6年)
木津川の戦い(2回目)。鉄甲船により毛利水軍を打ち破る。

1577年(天正7年)
安土城天守閣が完成。

1578年(天正8年)
佐久間信盛父子、林秀貞、安藤守就を追放する。

1582年(天正10年)
天目山の合戦。武田家を滅ぼす。

本能寺の変。明智光秀の謀反により自害する。  



→ こちらへもどうぞ!



▼ 【 織田信長 】の最新10件
【織田信長様の天下布武】
織田信長のキャッチフレーズである「天下布武」の意味を勘違いされて
いる方が多い。大半の人が、「天下を力ずくで統一する」と思っている
ようだが、「天下布武」の「武」は、「七徳の武」という平和的なもの
で、「争いをふせぐ」という意味のものです。

「天下布武」は、徳をもって暴力を使わず世を治める が正しい解釈。

しかし、辿ってきた歴史を見ると思い違い、勘違いなどをされても
仕方が無いと思ってしまいます。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

クレジットカード

織田信長 天下布武Topへ